:
19年の金消費量1002トン、前年比12・9%減 中国
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2020-01-22 14:22:11 | 新華社 | 編集: 肖月

  【新華社北京1月22日】中国黄金協会が21日、統計データを発表し、全国の金消費量は2019年、前年比12・91%減の1002・78トンとなったことが分かった。

  内訳では、金製アクセサリーの消費量は前年比8・16%減の676・23トン、コールド・バーと金貨の消費量は26・97%減の225・8トン、工業および他の用途の消費量は4・9%減の100・75トンだった。

  同協会は、19年、中国経済の下振れ圧力が比較的大きく、下半期に金価格が堅調に上昇したことが、金製アクセサリー消費の冷え込みを招いた要因だと分析。また、金価格の騰貴を受け、実物金の投資家は様子見が高まったことで、重点企業と商業銀行のコールド・バーの販売量が大幅減となったとの見方を示した。

  19年、国際金相場は年初の1オンス当たり1282ドル(1ドル=約110円)で始まり、6月から一段高となり、9月4日に1オンス当たり1557ドルを超え、年平均価格は前年比9・84%高の1395・6ドルとなった。

  

  当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

 

推薦記事:

2019年の中国GDP、前年比6・1%増

新華網日本語

19年の金消費量1002トン、前年比12・9%減 中国

新華網日本語 2020-01-22 14:22:11

  【新華社北京1月22日】中国黄金協会が21日、統計データを発表し、全国の金消費量は2019年、前年比12・91%減の1002・78トンとなったことが分かった。

  内訳では、金製アクセサリーの消費量は前年比8・16%減の676・23トン、コールド・バーと金貨の消費量は26・97%減の225・8トン、工業および他の用途の消費量は4・9%減の100・75トンだった。

  同協会は、19年、中国経済の下振れ圧力が比較的大きく、下半期に金価格が堅調に上昇したことが、金製アクセサリー消費の冷え込みを招いた要因だと分析。また、金価格の騰貴を受け、実物金の投資家は様子見が高まったことで、重点企業と商業銀行のコールド・バーの販売量が大幅減となったとの見方を示した。

  19年、国際金相場は年初の1オンス当たり1282ドル(1ドル=約110円)で始まり、6月から一段高となり、9月4日に1オンス当たり1557ドルを超え、年平均価格は前年比9・84%高の1395・6ドルとなった。

  

  当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

 

推薦記事:

2019年の中国GDP、前年比6・1%増