劉鶴氏、第4回中米省長·州知事フォーラムに出席する米側代表と会見

  • 「中国製造」が米ボストンの地下鉄に活気をもたらす

    中国中車傘下の中車長春軌道客車股份有限公司(中車長客)がボストン地下鉄オレンジラインのために特別製造した初回の車両4両がこのほど、ウェリントン駅で試運転、今年末に検収を終えれば、商業運営を開始する見通しだ。

  • 中米がZTE問題で合意達成 米メディア報道

    米紙ウォールストリート・ジャーナルの報道によると、中米両国は中興通訊(ZTE)問題の解決をめぐって大筋で合意に達した。報道は関係筋の話として、細部については詰めの最中だが、合意に達すれば、トランプ政権はZTEに対する米国企業からの部品調達禁止措置を解除すると伝えている。

  • 「長安号」の越境EC物流専用列車 第一陣開通

  • 中国科学技術大学で科学技術の魅力を体験

  • 無償技能研修 障害者に福祉を

  • 「小満」の祁連山に雪が舞う 甘粛省

  • 米ボストン大学、張芸謀氏に名誉博士号を授与

  • 「海底」に泊まって海に親しむ 山東省青島市

  • 「香港人工知能実験室」設立、科学技術革新を促進

  • 中国、嫦娥4号中継通信衛星「鵲橋号」の打ち上げに成功

  • 成都市、ストリートミュージシャン公認 夏の夜に風情添える

  • 香港大学、馬雲氏らに名誉博士号授与

  • 漢語水平考試(HSK)と留学フェアが実施 モスクワ

  • タイ南部多数の地域で爆発 2人けが

  • 「受注生産エンバク」の種まき開始 内モンゴル自治区化徳県

  • キューバ機墜落、死者は110人

  • 古民家に都市化の波 人々の郷愁をいかに残すか

新華網日本語チャンネルと日本チャンネルの投稿募集
ボアオ・アジアフォーラム2018年年次総会

栗戦書氏、ナミビアを公式友好訪問

栗戦書氏、ナミビアを公式友好訪問

習近平氏、全国生態環境保護大会で重要演説
習近平主席、テロ事件でインドネシア大統領に見舞い電
習近平氏、朝鮮労働党友好視察団と会見
習近平氏、軍事科学院を視察

中国2隻目の空母、初の試験航海を完了

中国2隻目の空母、初の試験航海を完了

国防部の呉謙報道官、日本の「中国安全保障レポート」にコメント
台湾軍ヘリ「ブラックホーク」墜落 6人不明
中国、陸上配備型迎撃ミサイルの技術実験に成功
中国国防部、米「核態勢見直し」について見解発表

「受注生産エンバク」の種まき開始 内モンゴル自治区化徳県

「受注生産エンバク」の種まき開始 内モンゴル自治区化徳県

中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。

  • 「海底」に泊まって海に親しむ 山東省青島市
  • 中国、嫦娥4号中継通信衛星「鵲橋号」の打ち上げに成功
  • 漢語水平考試(HSK)と留学フェアが実施 モスクワ

「海底」に泊まって海に親しむ 山東省青島市

中国山東省青島市にある海昌極地海洋世界で19日「魚たちと一緒に寝よう」をテーマに「海底」での宿泊イベントが行われた。同イベントは、子どもたちが海洋生物と身近に接することで、海洋を愛し、海洋生物と仲良く共存する意識を養うことを目的としている。

中国、嫦娥4号中継通信衛星「鵲橋号」の打ち上げに成功

中国は21日午前5時28分、西昌衛星発射センターから運搬ロケット長征4号丙(CZ-4C)ロケットを使い、月探査プロジェクトの嫦娥4号中継通信衛星「鵲橋号」の打ち上げに成功した。

漢語水平考試(HSK)と留学フェアが実施 モスクワ

ロシアの首都モスクワで19日、中国教育部が実施する中国語検定試験・漢語水平考試(HSK)が行われ、620人余りが受験した。また、モスクワ国立言語大学では2018年度第1回ロシアHSK留学フェアが開かれ、中国の大学30校が参加した。

  • ミュージカル「族印・司崗里」 ワ族文化の魅力をPR
  • ミュージカル「族印・司崗里」 ワ族文化の魅力をPR

    2018年の中国ワ族司崗里(シガンリ、ワ族の創世神話を指す)「泥塗り祭り」(摸你黒)の開催期間中に、ワ族の大型ミュージカル「族印・司崗里」の数度にわたる公演が、中国雲南省臨滄市滄源ワ族自治県にある司崗里演芸中心劇院(劇場)で行われた。

「ストロベリーミュージックフェス2018」が閉幕

「ストロベリーミュージックフェス2018」が閉幕

中野良子さんインタビュー 改革開放40年の道のりを目の当たりに

中野良子さんインタビュー 改革開放40年の道のりを目の当たりに

核実験場廃棄取材で新華社記者3名が朝鮮へ

朝鮮豊渓里(プンゲリ)の核実験場で23日から行われる予定の核実験場廃棄式典を取材するため、3名の新華社記者を含む外国記者団が22日午前、北京からチャーター機で朝鮮東部の元山(ウォンサン)市に向かった。

G20外相会合、アルゼンチンで始まる

20カ国・地域(G20)外相会合が20日、南米アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開幕した。同会合は2日間の日程で行われ、出席者は、多国間主義とグローバルガバナンス、情報技術がもたらした新たな挑戦、公平と持続可能な発展の実現への行動などの議題をめぐり討論し、同国で今年開催されるG20首脳会議(サミット)の準備を行う。

010020030360000000000000011200000000000000