:
南スーダンの平和維持部隊、中国初の歩兵団の生活に迫る
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2016-01-07 09:11:58 | チャイナネット | 編集: 谢艳

  国連の要請に応じ、中国は2014年7月に、南スーダンの平和維持活動に歩兵団を派遣した。この歩兵団は700人規模で、士官が121人、兵士が579人。陸軍第26集団軍の機動部隊兵が中心で、陸軍第54集団軍の某師団からも兵士が集められた。特に注目を集めたのは、歩兵団の13人の女子歩兵班だ。これは中国が海外平和維持活動に初めて派遣した、女子歩兵班だ。

  歩兵団の180人の先遣隊は2015年の春節前後、必要な物資を持ち、空輸により事前に現地入りした。計3陣の後続部隊は9回の空輸により現地入りした。4月8日には700人全員が任務エリアのジュバに入った。

 

関連記事:

中国初の平和維持歩兵軍隊:一つの地域の平和を促進、文明と友誼を継承