:
ホームページ > 経済 > 地域情報
地域情報
中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。
「受注生産エンバク」の種まき開始 内モンゴル自治区化徳県
  • 查看更多

経済

010020030360000000000000011200000000000000