:
記者襲撃の被告、保釈認められず 香港
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2019-08-21 10:22:58 | 新華社 | 編集: 陳辰


 

【新華社香港8月21日】中国香港国際空港で「環球時報」記者の付国豪(ふ・こくごう)を襲ったとして、不法結集関与、傷害、「襲撃致傷」の罪で起訴された頼雲竜(らい・うんりゅう)被告の保釈請求がこのほど却下された。

香港の東区法院(裁判所)は19日、頼被告に対し法廷での審理をした。同被告は裁判所に出廷したが、答弁の必要はなく、同事件の次回審理は警察のさらなる調査を待って10月28日に行われる。

香港警察は今月16日、葵涌(クワイチョン)で19歳の頼被告を逮捕した。香港メディアの報道によると、頼被告は持っていた旗竿で、救護隊員に付き添われ病院へ搬送される途中の付国豪記者を複数回殴打した。(記者/林寧、楚雄、王斯班)

当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

新華網日本語

記者襲撃の被告、保釈認められず 香港

新華網日本語 2019-08-21 10:22:58


 

【新華社香港8月21日】中国香港国際空港で「環球時報」記者の付国豪(ふ・こくごう)を襲ったとして、不法結集関与、傷害、「襲撃致傷」の罪で起訴された頼雲竜(らい・うんりゅう)被告の保釈請求がこのほど却下された。

香港の東区法院(裁判所)は19日、頼被告に対し法廷での審理をした。同被告は裁判所に出廷したが、答弁の必要はなく、同事件の次回審理は警察のさらなる調査を待って10月28日に行われる。

香港警察は今月16日、葵涌(クワイチョン)で19歳の頼被告を逮捕した。香港メディアの報道によると、頼被告は持っていた旗竿で、救護隊員に付き添われ病院へ搬送される途中の付国豪記者を複数回殴打した。(記者/林寧、楚雄、王斯班)

当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

010020030360000000000000011100561383235311