:
ホームページ > 社会 > 科学
科学
中国科学院上海ケイ酸塩研究所の黄富強首席研究員が率いるチームはこのほど、汚染対策用の新材料の開発に成功した。同材料に2週間光を当てると、汚水の水質の明らかな改善が見られ、汚水の浄化に役立つことが分かったという。
中国人科学者、汚染対策用新材料の開発に成功
  • 查看更多

社会

010020030360000000000000011200000000000000