習近平主席 スペイン下院議長と会見

Jp.xinhuanet.com | 発表時間 2013-07-06 14:12:02 | 編集: 王珊宁
M  M  M

 

 【新華社北京7月6日】習近平国家主席は5日人民大会堂で、スペインのポサダ下院議長と会見した。

  習主席は次のように述べた。両国は国交樹立40年来、平等に支持し合うという原則に基づいて関係を推進し、互恵共栄・創造開拓の精神で協力を進め、密接な交流で理解を増進させ民間友好を拡大し、各分野で豊かな実りある成果を収めた。特に2005年に全面的な戦略パートナーシップを樹立してから、両国関係は穏健に進み、成熟しつつある。スペインは中国の欧州連合(EU)のよい友達と協力パートナーになった。中国側はスペインとともに政治、経済、文化などの分野の友好関係を深め、国連改革、温暖化対策、持続可能な開発、文明間対話など大きな国際問題で話し合いと協力を密接にし、世界の平和を守り、共同発展を促進していきたい。

  中国と欧州連合の関係という話になると、習主席は次のように述べた。中国とEUの経済は相互補完性と内需の成長牽引力が強く、協力に大きな潜在力がある。中国側はスペインとともに、中国とスペインの関係及び中国と欧州連合の関係の発展を促進したい。

  ポサダ議長は次のように述べた。スペイン政府、議会、政党、国民は中国との関係推進・協力拡大に期待を寄せている。また、EU加盟国としてスペインはEUと中国の協力が戦略的なものであると見ており、この協力を支援し、EUと中国の関係拡大を促進していく。

  (新華網日本語)

  当社サイトのコンテンツは著作権法によって保護されます。無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

キーワード    習近平 スペイン ポサダ下院議長
   コピー Imprimer印刷 お問い合わせ RSS           
 
 
010020030360000000000000011100381325175091